老眼について

■老眼とは?
遠視と同様に老眼は近くのものが見えにくくなる症状ですが、老眼は中年以後になると誰にでも起こってくる生理的現象であるため病気ではありません。老眼とは、水晶体の機能が年齢を重ねるごとに弱まってくることにより、近くを見るための調節力が足りなくなった状態を指します。近くのものが少しでも見えにくくなってきた時、それが老眼の始まりです。
■近視、遠視と老眼の関係
よく、「近眼の人は老眼にはならない」と聞きますが、決してそんなことはありません。近視の方、遠視の方も老眼にはなるのです。老眼とは、本来水晶体の機能が弱まったことからなる症状です。しかし、近視の方の眼は、元々近い物を見るためのピントに設定されているため、水晶体の機能をさほど必要としません。そのため裸眼では老眼を自覚しにくいのです。遠視の人は見づらかった近くがさらに見づらくなるので、比較的若い年齢から、老眼の症状を訴えることが多くなります。
■老眼に対するアイパワーの効果
アイパワーの使用で老眼が軽減することもありますが、アイパワーで加齢による水晶体の衰えを戻すことはできませんので効果はないとお考え下さい。ただし、老眼の進行を遅くするという意味では効果が期待できると思われます。