遠視について

遠視の特徴は遠くは良く見えるけれど、近くが良く見えないというものです。近視とは反対に網膜の後ろで光の焦点が結ばれてしまうので、ピントが合わず、近くのものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。
原始の人間はみな遠視であったといわれ、今日でも大草原や大海原を背に昔ながらの生活をつづける一部の部族にもこの影響は残っていますが、現代社会において遠視になるという環境は珍しいため、遠視の人の大部分は遺伝が影響していると考えられます。
遠視の場合、視力検査などでは、いい視力として結果が出ることも多く、遠視に気づきにくいことがあげられますが、近くが見えないぶん、眼精疲労がひどいということがあります。
遠視の種類
■軸性遠視
軸性近視の場合と同様に角膜や水晶体による光の屈折には異常がなくても、眼軸が短いために網膜上で焦点が結べず、網膜の後ろで焦点が結ばれるという状態です。
■屈折性遠視
近視とは逆に角膜や水晶体の屈折力が弱すぎるため、網膜上で焦点をあわせることができず、網膜よりさらに奥でビントがあってしまう状態です。
<遠視と視力回復装置「アイパワー」>
近視と同じく、遺伝が影響していると考えられる軸性遠視の場合は、効果が期待できませんが、屈折性遠視の場合は、視力回復装置「アイパワー」の使用で視力を改善したり、または進行を抑えるといった効果が期待できます。