近視について

「近視」といってもいろいろな種類があります。
一般的に近視の種類はおおきく仮性近視・屈折性近視・軸性近視の3つに分けることができます。自分やお子様の近視がどの近視の種類にあてはまるのかは、お近くの眼科にご相談ください。
1.仮性近視・偽近視・学校近視
近業を連続して続けることで毛様筋が緊張した状態で、一番治りやすい近視です。この状態は毛様体筋の緊張を解いてやれば回復しますが、長く癖づいた毛様筋の緊張をほぐすには視力回復装置「アイパワー」が効果的です。
2.屈折性近視
仮性近視の状態で放っておくと、3ヶ月~1年くらいの間でこの屈折性近視になってしまいます。仮性近視のうちにトレーニング法などで視力を回復しておくのがいちばんですが、屈折性近視の場合でも重度でなければ、治療で改善することができます。 ここでも視力回復装置「アイパワー」が効果的です。
3、軸性近視
近視の中で厄介な部類に入るのがこの軸性近視です。眼球が大きくなりそれ自体が楕円形にゆがんでしまった状態です。先天的な遺伝によるところが大きいといわれています。強度の近視になり網膜剥離をおこしやすいので注意が必要です。進行性近視や悪性近視とも呼ばれています。 残念ながらこの場合、視力回復装置「アイパワー」で視力を改善することはできません。