眼球のしくみ

眼球のしくみは、カメラの構造に似ていると言われます。
目をカメラにたとえると、レンズの役割をするのが水晶体です。
そして、フィルムの役割をるすのが網膜、ピント調整をするのが毛様体筋(もうようたいきん)です。
人間がモノを見るときは、レンズにあたる水晶体を、毛様体筋を使って調整し、ピントの合った画像を
網膜に映し出します。
眼球の神経などは複雑ですが、眼球のモノを見るしくみはとてもシンプルです。
しかしこのしくみが狂うと、視力の低下となって現れます。
近視の場合は何らかの原因で、網膜よりも前方に像を結んでしまいます。
近くは良く見えるのに、遠くが見えにくい状態です。
遠視は逆に、遠くは良く見えるのに、近くがよく見えません。
近視とは反対に網膜の後ろで光の焦点が結ばれてしまうからです。
gankyuu.jpg