眼球のしくみ

眼球のしくみは、カメラの構造に似ていると言われます。
目をカメラにたとえると、レンズの役割をするのが水晶体です。
そして、フィルムの役割をるすのが網膜、ピント調整をするのが毛様体筋(もうようたいきん)です。
人間がモノを見るときは、レンズにあたる水晶体を、毛様体筋を使って調整し、ピントの合った画像を
網膜に映し出します。
眼球の神経などは複雑ですが、眼球のモノを見るしくみはとてもシンプルです。
しかしこのしくみが狂うと、視力の低下となって現れます。
近視の場合は何らかの原因で、網膜よりも前方に像を結んでしまいます。
近くは良く見えるのに、遠くが見えにくい状態です。
遠視は逆に、遠くは良く見えるのに、近くがよく見えません。
近視とは反対に網膜の後ろで光の焦点が結ばれてしまうからです。
gankyuu.jpg

近視について

「近視」といってもいろいろな種類があります。
一般的に近視の種類はおおきく仮性近視・屈折性近視・軸性近視の3つに分けることができます。自分やお子様の近視がどの近視の種類にあてはまるのかは、お近くの眼科にご相談ください。
1.仮性近視・偽近視・学校近視
近業を連続して続けることで毛様筋が緊張した状態で、一番治りやすい近視です。この状態は毛様体筋の緊張を解いてやれば回復しますが、長く癖づいた毛様筋の緊張をほぐすには視力回復装置「アイパワー」が効果的です。
2.屈折性近視
仮性近視の状態で放っておくと、3ヶ月~1年くらいの間でこの屈折性近視になってしまいます。仮性近視のうちにトレーニング法などで視力を回復しておくのがいちばんですが、屈折性近視の場合でも重度でなければ、治療で改善することができます。 ここでも視力回復装置「アイパワー」が効果的です。
3、軸性近視
近視の中で厄介な部類に入るのがこの軸性近視です。眼球が大きくなりそれ自体が楕円形にゆがんでしまった状態です。先天的な遺伝によるところが大きいといわれています。強度の近視になり網膜剥離をおこしやすいので注意が必要です。進行性近視や悪性近視とも呼ばれています。 残念ながらこの場合、視力回復装置「アイパワー」で視力を改善することはできません。

遠視について

遠視の特徴は遠くは良く見えるけれど、近くが良く見えないというものです。近視とは反対に網膜の後ろで光の焦点が結ばれてしまうので、ピントが合わず、近くのものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。
原始の人間はみな遠視であったといわれ、今日でも大草原や大海原を背に昔ながらの生活をつづける一部の部族にもこの影響は残っていますが、現代社会において遠視になるという環境は珍しいため、遠視の人の大部分は遺伝が影響していると考えられます。
遠視の場合、視力検査などでは、いい視力として結果が出ることも多く、遠視に気づきにくいことがあげられますが、近くが見えないぶん、眼精疲労がひどいということがあります。
遠視の種類
■軸性遠視
軸性近視の場合と同様に角膜や水晶体による光の屈折には異常がなくても、眼軸が短いために網膜上で焦点が結べず、網膜の後ろで焦点が結ばれるという状態です。
■屈折性遠視
近視とは逆に角膜や水晶体の屈折力が弱すぎるため、網膜上で焦点をあわせることができず、網膜よりさらに奥でビントがあってしまう状態です。
<遠視と視力回復装置「アイパワー」>
近視と同じく、遺伝が影響していると考えられる軸性遠視の場合は、効果が期待できませんが、屈折性遠視の場合は、視力回復装置「アイパワー」の使用で視力を改善したり、または進行を抑えるといった効果が期待できます。

老眼について

■老眼とは?
遠視と同様に老眼は近くのものが見えにくくなる症状ですが、老眼は中年以後になると誰にでも起こってくる生理的現象であるため病気ではありません。老眼とは、水晶体の機能が年齢を重ねるごとに弱まってくることにより、近くを見るための調節力が足りなくなった状態を指します。近くのものが少しでも見えにくくなってきた時、それが老眼の始まりです。
■近視、遠視と老眼の関係
よく、「近眼の人は老眼にはならない」と聞きますが、決してそんなことはありません。近視の方、遠視の方も老眼にはなるのです。老眼とは、本来水晶体の機能が弱まったことからなる症状です。しかし、近視の方の眼は、元々近い物を見るためのピントに設定されているため、水晶体の機能をさほど必要としません。そのため裸眼では老眼を自覚しにくいのです。遠視の人は見づらかった近くがさらに見づらくなるので、比較的若い年齢から、老眼の症状を訴えることが多くなります。
■老眼に対するアイパワーの効果
アイパワーの使用で老眼が軽減することもありますが、アイパワーで加齢による水晶体の衰えを戻すことはできませんので効果はないとお考え下さい。ただし、老眼の進行を遅くするという意味では効果が期待できると思われます。

眼精疲労について

眼精疲労の原因は次の4つです。
原因 1  目になにか病気が起きている
◆ 近視・乱視・老眼やその矯正不良
近視・乱視・老眼が進むと眼球の内部では、なんとか網膜(フィルム)にピントを合わせようとして、水晶体(レンズ)の厚さを調節する筋肉(毛様体筋の緊張が続きます。そして、実際に視力が低下してくると、今度は目を凝らしたり、首を前に出す姿勢になります。
それらの結果、目が疲れ、首筋や肩が凝ったりします。メガネやコンタクトレンズが合っていないために眼精疲労が起きることも少なくありません。
◆ ドライアイ
眼球の表面(角膜〈かくまく〉や結膜〈けつまく〉)が乾燥する病気です。VDT症候群(コラム参照)など、目を酷使する人がなりやすく、しばしば眼精疲労を伴います。
◆ 緑内障
網膜の視神経が障害されて視野が狭くなる(見える範囲が狭くなる)病気です。しっかり治療せずにいると、失明することもあります。緑内障の患者さんは眼圧(眼球の内圧)が高い人が多く、眼圧が高いときには頭痛が起きやすくなります。
◆ 白内障やその手術の影響
白内障は水晶体が濁る病気です。そのために視力が低下したり、まぶしさを感じたりして、眼精疲労の原因となります。白内障は手術で治せますが、手術後に少し見え方が変わるので、それが眼精疲労を起こすこともあります。
◆ 斜視・斜位
物を見るときには両眼が連動して動き、わずかに寄り目になって視線を一点に合わせます。両目の視線が一致せずに左右別々の方角を向いてしまうことを斜視といい、眼精疲労の原因になります。斜位とは、物を見るときには視線が一致するものの、視線を合わす対象がない場合(例えば真っ暗な闇の中や目を閉じたときなど)に、左右の眼が別々の方角を向いていることです。物を見る際に、左右の視線を合わせる努力を強いられることになり、眼精疲労が起きます。
◆ 眼瞼下垂〈がんけんかすい〉
まぶた(眼瞼)が垂れ下がってくる病気です。視野の上のほうが見えなくなるので、物を見るときに頭を後ろへ反らすなどしなければならず、眼精疲労の原因になります。
原因 2  からだの病気が目に現れている
かぜやインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることが多く、その他の病気でも眼精疲労が起こり得ます。
原因 3  目の使い過ぎや‘視環境’の問題
あたり前のことですが、目は使えば使うほど疲れます。社会の情報化が加速度的に進み、目を使う環境‘視環境’は、ますます過酷になるばかりです。近年では、シックハウス症候群(住居の建材に含まれる化学物質などの影響による体調不良)と眼精疲労の関係も指摘されています。
原因 4  精神的なストレスの影響
ストレスが強くなると、その影響は、不安感が異常に強まる、イライラして落ち着かない、眠れないといった精神的なことに現れる一方で、からだに対しても、高血圧、血行不良、胃潰瘍といった多様な病気を引き起こします。その一つとして、眼精疲労が起こることがあります。
原因がいくつか重なって症状が悪化する
以上のように、眼精疲労には四つの大きな原因があります。ただしこれらの一つだけしか該当しないときには、眼疲労は起きても眼精疲労にはあまりなりません。眼疲労を起こすいくつかの小さな原因が重なり合って目の負担が増え、眼精疲労になります。ですから、原因と思われる病気を治したのに眼精疲労が治らないことも少なくありません。
眼精疲労は、何らかの手を打たなければ、仕事や環境が変わるといった生活の変化がない限り、自然には治りません。不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあります。さらに、背後に目やからだの病気が隠れている可能性も考えられます。ですから「ただの目の疲れ」などと軽く考えず、なるべく早く診察を受け、対策を立てることが必要です。視力回復装置「アイパワー」がそのお手伝いをします。
■VDT症候群と眼精疲労■
画像情報端末-英語でVisual Display Terminal(略してVDT)。このVDTが現代人の眼精疲労に大きくかかわっています。VDTがテレビと異なるのは、画面の隅々から必要な情報を探し出し、その意味を理解し、それに対する指令を入力し、入力した内容や文字が間違っていないか確認後に実行してその反応を確かめるという、一連の作業を伴う点です。目の疲れは、テレビを見ているのと比べものになりません。VDT作業中はまばたきの回数が極端に減ります。その結果、涙が蒸発してドライアイになりやすくなります。ドライアイも眼精疲労の主要原因の一つです。環境を見直すことが一番ですが、環境はなかなかすぐには変えられないもの。そんな時は、視力回復装置「アイパワー」がお役にたちます。